まとめ力をあげたいキミへ〜理科社会まとめるコース〜

まとめることは、学習の基本です。
教科書は眺めているだけでは意味がありませんし、
テキストも解説を見ているだけでは何も残りません。

 

だから「まとめる力」を向上させていくことは、学習を効率よく進める基礎力となります。

理科や社会は、国語や算数に比べると「勉強しづらい」教科かもしれません。

しかし、まとめる力をあげるには「理科や社会は格好の教科」なのです。

 

 オススメ生徒

 ・理科や社会がちょっと苦手な皆さん

 ・まとめ学習の方法を知りたい皆さん

 ・効率のいい学習方法を身につけたい皆さん

まとめる学習

さまざまな単元があるのが理科です。

一つひとつの単元を丹念にまとめていかないと、その場だけの学習になってしまいますし、

「とりあえず問題だけをする」勉強になってしまいます。

 

この「とりあえず問題だけやっておく学習」は、学習の中でも最低のやり方です。

なぜなら「内容も理解していないし、覚えてもいないのに」問題をしても、できるはずないです。

そして間違いが増え、ますます嫌いになってしまいます。

そういう悪循環は抜け出さなければいけませんよね。

 

そのための学習が「まとめ学習&メモリーツリー学習」です。

 

やってみましょう!まとめ学習

まずは、テキストをノートまとめ
まずは、テキストをノートまとめ

このように、まずはテキストをしっかり読み込み、

大事なポイントをノートまとめしていきます。

「まとめる」のです。

まとめるとは、

決してテキストを写すことではありません

テキストの要約がまとめるということです。


テキストを読み、ポイントをまとめるのは「要約」と同じです。
「まとめる力」の根本は「要約学習」で養うことができます。

つまり、ノートまとめ学習は、要約学習の応用なのです。

そして、メモリーツリー
そして、メモリーツリー

ノートまとめ学習が終わったあとは、その内容を「覚え」ます。

覚える努力をします。覚える努力をしていきます。

いいですか、覚える努力をしない限り覚えることはできません。

この努力をインプット学習といいます。

 

そして、覚えたことを関連付けて思い出す学習が

メモリーツリー学習」です。

このことをアウトプット学習といいます。

頭の中に入った知識を、意味のある形で思い出していくことで、
忘れづらい記憶へと変換していくのです。