読解力をあげたいキミへ〜文章題&要約コース〜

読解力をあげたい生徒のためコースが、「文章題&要約」コースです。

読解力は、文章を理解するためにも不可欠な力です。
解説を理解するもの、新しい知識を取り入れるにも、読解力が必要ですし、
何より問題文を理解しないことには何も始まりませんからね。

根本的な学習レベルの向上は、読解力の向上からです。

 

オススメ生徒

・計算はいいけど、文章題がちょっと苦手な皆さん

・計算はいいけど、図形がちょっと苦手な皆さん

・国語の読み取り力をもっとあげたい皆さん

・文章の理解力をもっと向上させたい皆さん

・中学受験を目指すみなさん

「文章題」の学習

文章題は「読むこと」が基本であり、「読み解くこと」が最重要です。
計算式を作ることは目的ではありません。

最初の指導の段階で「文章題は式を作る」ということを教えられてしまうと、
式を作ることが中心になってしまい、

文章題の基本である「読むこと」をしなくなります。

それでは読解力どころか、読むことそのものをしないで解こうとする

本末転倒なことがおきます。

文章題は「文章を読むこと」が最初なのです。

 

目的

 ①文章理解するために「絵図化」して、文章を理解する

 ②計算式に頼らない文章題の解き方を身につける

 ③文章題を数多く解いていくことで、読解力と忍耐力と発想力を鍛える

 

方法

 ①文章題はすべて「絵図化」して解きます

  1学年100題の学年別レベルになっている文章題を

  すべて「絵図化」で解いていきます。

  計算だけで解くものは認めません。

  絵図化こそが、読解力向上の基本学習なのです。

 

 ②自分の書いた絵図を「先生に」解説します

  文章内容を絵図化したあと、「先生に解説」します。

  自分がどのように考えたのかを説明することで、

  きちんと文章内容を理解し、解いたのかが判断できますし、

  生徒自身も自分の考えを再度見直すことになり、本当の理解につながります。

  内容の説明はプレゼンテーション能力の向上にもつながっていきます。

  

効果

 ①粘り強く考える子になります

  じっくり、ゆっくり、ていねいに文章を読み、絵図化していくので、

  すぐに答えを求めることがなくなります。

  結果として、粘り強く、忍耐強い精神力を養うことができます。

 

 ②読解力が飛躍的に向上します

  数字だけを見つけて、足し算や引き算をすればそれらしい数値が出てくる

  というレベルの文章ではありませんから、しっかり読んで、絵図化しないと

  答えまでたどり着けません。

  ですから、文章を読み解く力である読解力は確実に向上します。

  なぜなら、読み解けないと絵図化ができないからです。

  そして、絵図化なき解答は却下です。

 

 ③発想力と想像力が確実に向上します

  多くの文章題を絵図化して解いていくなかで、

  文章を映像的に理解できるようになります。そうした積み重ねが、

  子ども達の発想力を鍛え、想像力を逞しくしていきます。

  苦労するからこそ、発想が生まれ、

  想像を実現できる力を養うことができるのです。

 

 ④諦めないで突き進む力と諦めてちがう方法を考える力

  その二つの能力を、数多くの文章題を解いていく中であげていきます。

  諦めることは「やめること」ではなく、ちがう方法(道)を模索し、

  考え、変えていくことだと思います。

  ですから、「これでは解けないな」と思った段階で、

  ちがう方法に切り替えることは柔軟性と新たな発想の源泉になります。

  闇雲に、諦めるな!というのは、逆に頭の固い人になってしまいますから、

  それはしません。

 

⑤自力で解く喜びを知り、勉強に感動する子になります

 文章題はみんなに嫌われる問題です。難しいですからね。

 だからこそ、解いた時の喜びは格別です。この喜びこそ、やる気の源です。

 自分の中からやる気が生まれ、その積み重ねが自信になります。真の自信です。

 同時にやる気を失わせるリスクもあります。しかし逃げません。逃がしません。

 逃げずに、トライを重ねていくうちに、発想が生まれ、解答できるようになります。

 その瞬間の喜びは、経験した子でないと味わえないでしょう。これこそ真の感動です。

 与えられたやる気ではなく、自らの内側からのやる気を出す子になってほしいですよね。