知識の出し方・使い方〜実践問題&解説〜

特徴

 解説を読んで、こんな簡単なことだったのか…あと1ステップが足りなかった…

 と悔しい思いをしたことがあると思います。

 これは、知識の引き出し方(アウトプット)がうまくできていないからです。

 1つのキーワードから複数のつながりを捉えることで、

 複合問題にも対応していきます。

 

オススメ生徒

 ・知識が解答に結びつかないキミ

 ・解説を読むと納得できるキミ

 

学習方法

 問題文のキーワードから連想されることを白紙に書き出します。

 必要な知識を先に出すことで、その問題を解くために足りていた知識、

 不足していた知識の確認を行います。

 こうすることで、知識のつながりと組み合わせ方を学んでいきます。

 

 その学習がメモリーツリー、通称メモツーです。

 あるキーワードから関連したことを次々と思い出すための学習方法です。

 覚えるのがインプット、覚えたことを出していくのがアウトプット

 このアウトプットをスムーズにできるようなるのがメモリーツリー学習の狙いです。