私が「夏の講習会で勉強時間を増やすんだ」って言ったとき、彼は「そんなに勉強しなくていいだろ?」って笑ったんだ。でも夏休み明けテストで、私の結果を見たとき、彼は...

夏休みは、あなたが「チャンス」を手にするときでもありますし、

逆に「ピンチ」に陥るときでもあります。 なぜそうなってしまうのでしょうか?

 

ここで同じ中3生の受験生だった「しょうぶ子(Sさん)」と「だら男(Dくん)」の

 

夏の過ごし方を見てみましょう。

下の表を見てください。

Sさんは中1生から通っている生徒で、

中1・2生の頃の講習会は、部活をこなしつつの1日3時間学習コース。

受験生となったこの夏の講習会は、1日6時間学習コースを選択しました。

講習期間は17日間でした。

 

一方Dくんは夏休みが終わってから来た生徒で、

それまでは部活が忙しいからと言ってほとんど勉強せず、学習習慣もありませんでした。

 

夏休み中も全然勉強をしない毎日を過ごしていました。

 

そんな様子にあきれたお母さんに連れられ、夏の終わりに塾にきたDくん。

 

2人は、同じ小中学校で、春の時点では志望校も同じでした。

 

以前は「2人で一緒に同じ高校に行こう!」と話していたけれど…

 

2人の夏の学習時間。

この夏、Sさんは合計で102時間の学習。一方、Dくんはわずか3時間

実に99時間の差がこの夏だけで出ていたのです。たった17日間で99時間の学習時間の差です。この事実、あなたはどう思いますか?

 

1年間の授業時間と同じ時間の差が17日間の講習会の学習でついてしまう!?

受験勉強は夏休みに始めるべきだ!と言われる所以はここにあります。

例えば、文部科学省が定める中学校の指導要綱では、中3生の英語の授業数は140回とされています。1回の授業を45分とすると…45分×140回=6300分=105時間

つまり、英語の1年間の授業時間とほぼ同じ学習時間の差がたった17日間でついてしまうのです。

これは受験生の場合の時間の差なのですが…

中1・2生でも同じことが言えますよね?

 

当たり前のことをここで言います。

勉強はやればやるだけ力になる。学習量はウソをつかないのです。

 

さて、気になる2人の行方ですが。。。

Sさんは9月の期末テストで過去最高得点を取り、国語と理科は学年1位の結果となりました。

一方Dくんは、中間テストを下回る合計点で、志望校再考を余儀なくされてしまいました。

受験の結果はというと、

Sさんは希望通りの地域1番校に見事合格。

Dくんは受験校を変更しての3番校に合格となりました。

 

この2人のちがいは何だったのでしょう?

小学校の時には、2人の基本能力には差がなかったと思います。

 

ではどこでついてしまったのか…?

それは「日々の学習時間の差」であり、「日々の学習の質の差」でありました。

つまり「日々の学習の積み重ねの差」なのです。

当然ながら「夏だけで」差がつくわけではないのです。

 

この2人のちがいはまさしく、勉強時間・勉強量・勉強の質の差。

Sさんが日々の努力を続けている間、Dくんは怠け癖から抜け出るのに時間がかかり、

勉強に対して真剣になり始めたころには圧倒的に差をつけられていたのです。

もちろん受験までの残りの学習時間も不足することとなりました。

 

今のあなたはDさんになっていませんか?

部活が忙しいから、なんとなく勉強ってやりたくないから、せっかくの休みだから遊びたい…

色んな理由で後回しにしてしまいがちな勉強。

でも、その先には…Dくんのような未来が待っています。

 

大丈夫、今からでもあなたはSさんになれる!

ここまで読んでれた賢明なあなたはもう何をしなくてはいけないか気付いたのではないでしょうか。

それは…

あなたがSさんのようにテストで結果を出し、志望校を合格するには、

自分の学習をする時間と場所の確保が必要ということです。

 

みかんせいの夏期講習会はあなたに1年間の学習時間に匹敵する十分な学習時間を提供し、

さらにあなたの弱点になっている教科を集中学習する環境と学習内容を指導することで、

あなたが次の定期テストで自己ベストを出すことをお約束します。

 

あなたもSさんのように日々の努力を重ねることによって、

定期テストで結果を出し、志望校に合格できるのです。 

 

もしあなたが今「勉強やらなきゃなぁ」って思ったのなら、まさにそれがスタートの合図です。

その直感はとても正しいものです。

 

いつから始めるんですか?

夏でしょ!

みかんせいの夏期講習会へのお申し込み方法

⑴各校舎へお電話

 南の森校 0155-47-8399

 中央校  0155-67-7130

 景岳校  0776-43-0204

(2)HPからのお申し込みはこちらから


帯広 南の森校・中央校

ダウンロード
南の森校・中央校 講習会のお知らせ
2016年の夏期講習の内容と申込書です。
講習会のお知らせ_2016夏小中.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 360.5 KB

福井 景岳校

景岳校では、みなさんにたーぷりと学習していただきたいと思い、あえてコース設定を行いませんでした。日数と学習時間で料金が決定します。

 

学年を問わず、自分がやりたい!必要だ!と思う分だけ、がっつりと勉強を進めることができます。

 

ダウンロード
景岳校 講習会のお知らせ
2016年夏の講習内容と申込書となります。ぜひご覧ください。
景講習会のお知らせ_2016夏小中.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 281.6 KB



みかんせいの夏期講習会へのお申し込み方法

⑴各校舎へお電話

 南の森校 0155-47-8399

 中央校  0155-67-7130

 景岳校  0776-43-0204

(2)HPからのお申し込みはこちらから


さらにお得な情報も…

みかんせいの夏期講習会の費用はこのように決まっています。

講習会費用=通塾日数×1日の学習時間×600円

ですので、15日間の講習会ですと、通塾日数が15日になります。

 

しかし今年の夏は…

本来、15日間の講習会費用をいただくのですが、今年の夏は…

13日分の講習会費用で15日間通塾できる!

というシステムにしました。

ただしこれは帯広限定の企画です。

 

それでは福井はというと…

実はもっとお得に通うことができます。

なぜなら…福井の夏休みは長いので、その長さに合わせた形でも費用設定といたしました。

詳しくは…校舎までお問い合わせください!

実は…お得すぎてここには書けないのです!


みかんせいの夏期講習会へのお申し込み方法

⑴各校舎へお電話

 帯広南の森校 0155-47-8399

 帯広中央校  0155-67-7130

 福井景岳校  0776-43-0204

(2)HPからのお申し込みはこちらから