高校受験の受験情報

帯広と福井の主な公立高校の受験情報。

内申ランク(学習点)と入試得点(学力点)の相関図です。

 

北海道の公立高校の受験について

北海道の公立高校の受験は次のように実施されます。

①3年間の通知表9科目の評価を点数化する。

これを「内申ランク(学習点)」といいます。

②入試得点(学力点)はそのまま点数化する。

③①と②の合計点で合否を決める。

内申ランクの点数化の方法 

・中1生の後期評価の合計×2

・中2生の後期評価の合計×2

・中3生の後期評価の合計×3

上記の総合計が学習点となります。  

ランク 学習点
 Aランク 315〜296 
Bランク 295〜276
Cランク 275〜256
Dランク 255〜236
Eランク 235〜216
Fランク 215〜196
Gランク 195〜176
Hランク 175〜156

以下20点刻みでランクが決まります。

通知表の例

教科

中1

前期

中1

後期

中2

前期

中2

後期

中3

前期

中3

後期

国語 4 4 5 5 4 5
社会 5 5 5 5 5 5
数学 5 5 5 5 5 5
理科 4 4 5 5 5 5
音楽 4 5 4 4 4 4
美術 4 5 5 5 4 4
保体 3 4 4 5 5 5
技家 4 5 5 5 5 4
英語 5 5 5 5 5 4
合計 38 42 43 44 42 43
学習点 266 294 299 304 298 301
ランク C B B A A

 


ちなみに…

中1生なら「評価の合計×7」で内申ランクがわかります。

 

中2生なら「中1の評価合計×2+中2の評価合計×5」で内申ランクがわかります。

 

 

裁量問題について

北海道の公立高校の入試では「裁量問題」と呼ばれる入試問題を実施する学校があります。

 

裁量問題は、一般の問題よりも難易度が高い問題のことをいいます。

 

国語・数学・英語の3教科での実施です。

理科と社会は、裁量問題採用高校でも一般問題レベルです。

 

つまり、上位校受験者は、裁量問題対策が必要になるということです。

 


帯広十勝の主な公立高校の学習点と学力点の相関図

各高校をクリックしてください

 

帯広柏葉高校

帯広三条高校

帯広緑陽高校

帯広南商業高校

帯広工業高校

帯広農業高校

芽室高校

音更高校

清水高校

 

その他の高校についても随時更新予定です。