三人寄れば文殊の知恵

「…わからない。」

「教えてあげようか?どれどれ…(わたしもわからない…)」

「何、どうしたの?あ、その問題この前やったよ!」

「えーと…ん?…あれっ?…」

という流れで、結果3人で考えることになりました。

どの生徒にとっても、『自分たちで考える』ということはとても良いことです。頑張って下さい。(ただし、以前に解いていて出来なかった生徒はレッドカードですね。復習がなされていない!いかんぞー!!)


さて、定期テストが近くなると、クラス単位での情報がかなり重要ですよね。時には部活の先輩から、「この先生のテストは〇〇〇が出やすいぞ」とか過去問をgetしたりなどなど。一体何の対策をしているのでしょうか?と疑問に思うことが常日頃。大事なことは、内容を理解し、その単元の一般的な出題方法を知っていければよいのにね。

正しい学習を全うすることが何よりの近道ですよね。



ブログTOP