ひとりでできるテキストVersion Up

夏期講習会に入ってから、

生徒たちが学習するときに使うテキスト、

通称「ひとりでできるテキスト」を3単元作成しました。

すべて英語で、接続詞、比較、分詞です。

 

文法事項は語学の基本ですから、

やはり学べるものはしっかりと学ぶべきです。

でも・・文法問題はあまり好きではないので、

みかんせいの英語学習は「英作文」が基本です。

つまり「英語で文を作る」ってことです。

語彙力と文法知識がないとできません。

もっとも語彙力は…辞書でカバーしながらですがd( ̄  ̄)

 

実はこれまでのテキストでは、英作文ができるまで、

を一つの終着点にしていたのですが、

今回作成分からちょっとバージョンアップして、

あるものを付け加えています。

 

それを加えることで、一気に世界標準アジア版になれる!

かもしれないものです。

といっても…小学生レベルの世界標準ですけどね…(笑)

 

百聞は一見にしかずなので、

まぁ見てみてください。

 


Looking for the best one in the world.

 

Many animals are living in Mikan republic.

Chibi is the smallest animal in this country.

 

Chibi likes to compare the one with the others.

“Elephant is the heaviest of all animals!”

“Giraffe’s neck is much longer than mine!”

“Bear is as strong as crocodile!”

 

Chibi always said, “I am the smallest in the world!!”

 

When Chibi compared something as usual, an old lady mouse came to his house.

But the house is too small for her to come in.

 

“I know I am smaller than you! I’m smallest in the world!”, Chibi said.

“Umm, what you said is not true. I have seen the much smaller creature than you.”

“No, it’s not true! I have never seen such a small creature.”

“Yes, it’s true.  Far far east area, I found it one hundred and fifty years ago. It was as cute as you.”

“OK, lady mouse. I’ll go there and make sure your story is true.

Should I go to east from here?”

“You are a good adventurer. Go straight to east on this road, and you will find the tallest tree in the world. When you turn around the tree, you will be able to find the house of the smallest creature.”

“OK, lady mouse. I’ll leave to find the house tomorrow.”

 

Chibi crossed a lot of rivers and climbed a lot of mountains.

 At last he reached his destination, that is the tallest tree in the world, with no accident.

He turned around the tree many times but he could not find out the house.

 

“Oh, my God!  Lady old mouse is a terrible liar! Absolutely I’m the smallest one!”, Chibi shouted aloud.  

“Mmm, who is it that shouted around my house?”

Chibi heard a little voice.

 

There was a small animal and it was as same as his hand.

 

“Wow! Amazing! What a big animal!” , the small animal said.

“What?  Am I big?  Are you kidding?  You know I’m the smallest…”

“Look at me, Mr. Tallman. You are about ten times as big as me.”

“Oh, yes…. There really exists a smaller creature than I. By the way, what’s your name?”

“Big. My name is Big.”, he answered and smiled shyly.

“Hahaha. I am Chibi, that means “small guy”, but I’m much bigger than you.

Nice to meet you, Big. I’m glad to be a friend with you.”

So, Chibi as a big man, and Big as a smallest man enjoyed playing happily.

 

After that, Chibi’s favorite phase seemed to change.

“What is the best one in the world?”

 

To you

If you ask many people and travel around the world, you may see a cute creature such as Big.

 


いかがでしょう?

みかんせいオリジナルストーリーです。

これは「比較のひとりでできるテキスト」に追加したものです。

 

これまでは、短文の英文をテキストの最後につけていたのですが、

今後はこういうストーリーを追加していきます。

 

生徒たちには、この英文を読み、なおかつ日本語訳に直します。

さらに要約し、その要約したものを英文にします。

ipadなので、読み上げ機能もありますので、リスニングにも(多少ですが)役立ちます。

Siriの声なので、ちょっと味気ないんですけどね。

 

テキストの使い方で、読む、聞く、書くの3技能は伸ばせます。

話す…は難しいですが、声を出すことはできます。

ですが、話す技能は本来「10のインプット」がないとできないことですから、

読む、聞く、書くのインプットにより、話す技能も上がると思います。

 

 

ということで、教科書以外の英文に触れる機会を増やしながら、

英語の語学力を伸ばせていければなと思います。

なので、敢えて「習ってないかもしれない文法事項」もふんだんに使っていますので、

ちょっと難しめかもしれません。

でもそれでもいいのです!

 

多少の背伸びは大事ですから。

 

なので、最近はこんな風に英作文をしている山田でした。

ちなみにストーリーは福井娘の中村作です。

だから…

内容の面白い、つまらないは…中村へどうぞ(笑)


ダウンロード
比較ひとりテキスト.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 8.9 MB

本来は、iBookでの学習ですが、興味がある方はPDF版でご覧ください。

その名の通り「読めば、できる」をテーマにしたテキストです。

 

それではまた、別の機会にお会いしましょう。