質問ができるということ

しばらくブログの更新がストップしていました。。。すみません><

 

さて、本題。

 

あなたが思う、次々と向上していく人とはどんな人でしょうか?

野望(夢・意志...)を持っている人?お金をたくさん持っている人?努力を惜しまない人?

...おそらくたくさんの答えが頭の中に浮かんだことでしょう。

 

私は、「質問ができる人」も向上していける(自分を伸ばすことのできる)人だと思っています。

「質問力」というよりも「助けを求める力」といった方がわかりやすいかもしれません。

 

向上することのできる人は、「もっといい状態になれるはず」とどこかで思っています。

だから、今以上にするためには何が必要なのかを考え、行動に移しています。

 

また、そんな人は自己分析を行っているので、自分のできることできないことを把握しています。

だから、できないことにはエネルギーを注ぎません。

できることに力を注ぐのでその瞬間にどんどんと向上していくわけです。

 

では、できることだけやればでいいのか!?...というと、そういうわけではありません。

やりたいけれどできないことは「人に頼る」、「人に助けを求める」んです。

人は一人では生きていけませんから、できないことは人に頼るべきなんです。

(もちろん感謝をわすれてはいけませんよ)

 

ただし「丸投げ」をしてはいけません。今日はその話です。

 

 

丸投げの質問とは、「わからないことがわからない」状態のことを言います。

自分の意見を持たない、人に意見を委ねる、思考停止している状態です。

簡単にいうと「自分で何も考えていない」状態です。

これではただの「指示待ち人間」でしかありません。 

 

 

A君「何すればいいかわかんないけど、助けてくれる??」

 

 

B君「◯◯をやってみたんだけど、うまくいかないんだ。こうしたいんだけど、助けてくれる??」

 

もしあなたがA君とB君に、同時に頼まれたとしたら、どちらの方を助けるでしょうか?

 

 

 

 

 

質問という行為は、「能動的」に起こりうるものなんです。

 

A君の質問では、すべてを相手に任せることになります。こちらがやる内容を考えねばなりません。

一方、B君の質問では、B君のしたいことが伝わります。またこちらが何をすべきかもわかります。

 

「わからなかったら質問しなさい」というのは「助けを求める練習です」と思って伝えています。

だから、質問の仕方が「丸投げの状態」であれば、一切答えていません。

 

勉強での質問も社会に出てからの質問も同じです。

「自分がわからないところはどこか」を知ることによって初めて「質問」ができるんです。

 

みかんせいに来てくれている生徒たちには「質問ができる」人になってほしいなと思います。

 

待っていれば助けてくれる。

 

そんなところばかりならいいのですが、そううまくはいきません。

どんなところでも自分らしくいきていけるように、「質問力」を磨いてほしいなと思います。

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

学習方法は技術

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

冬の学習会

最小3日間から選択できるよ!
最小3日間から選択できるよ!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!