子どもに伝えること 愛することその③

甘やかされると…

「甘える」ことというのは、その相手をよほど信頼していないとできることではありませんよね。

 

まぁ世の中には「甘え上手」な人もいて、

甘えられて喜んでいる男(女)もいますけど…

 

それはときには「テクニック的」なところもあるものです。

どういうシチュエーションかは、ご想像にお任せします(笑)

 

さて、子どもが「甘える」ときというのはどんなときでしょう?

 

でもその前に「甘やかす」と「甘えを受け入れる」ことのちがいについて考えていきます。

 

 

「甘やかす」とは、必要以上に子どもの世話を焼く余計なヘルプのことです。

自分でできることを、わざわざ「心配だから」という理由で親が手を出してしまうことですね。

 

これだと子どもは「親がなんでもやってくれる」と思ってしまいます。

「親」が「他の大人」に変わっても、きっと同じように思うでしょう。

こうなると「自発的に動かない人」になってしまいます。

 

黙っていたら誰かが何かをしてくれる

 

こういうことを”期待する”人になってしまいます。

そういう「甘やかし」で育った子どもは、

大人になって、社会人になったときにいわゆる「指示待ちな人」になります。

 

指示待ちよりも酷いのは、自分の仕事を他人がしてくれると期待し、

さらにしてくれなかったら「なんでしてくれないの」と思ってしまう。

 

こういう人は、社会でも、会社でも重用されるでしょうか?

甘やかすことは、ダメな大人にする近道となってしまうでしょう。

 

甘えを受け入れる

「甘えを受け入れる」ことは、子どもの求めに応じて愛情で満たしてあげる必要なヘルプです。

大人でも他人のヘルプが欲しいときがあるように、子どもにも親のヘルプが欲しいときがあります。

 

 

幼児期から小学校低学年となると、子どもは親から離れて行動する時間が増えます。

 

すると、親も知らない、あんまり言いたくない「嫌なこと」に出くわすこともあります。

友達とケンカしたとか、先生に叱られたとか…

 

そんなときは親に「甘えたく」なるものです。

 

私たち大人でも凹んだときに「癒されたい」と思いますよね?

それと一緒です。

 

大人になると、なかなか家では癒されませんが…

(ん?僕だけですか)

 

親に甘え、甘えを受け入れてもらう経験を重ねることで、

子どもは自分で安心感を作り出したり、

自信を身につけるのです。

これが自己肯定感を生み出すのです。

 

でもそんな「嫌なこと」があって、

信頼している親に甘えようと思ったときに…

 

「もう忙しいんだから」とか

「もう○○才でしょ」とか

言われると、

きっと立つ瀬がなくなります。

 

つまり「信頼の港」がなくなってしまうのです。

これはちょっとツライかもしれません。

 

子どもにとって「嫌なことの経験」は、

決して不必要なことではなく、

むしろ無くてはいけないものです。

 

なぜならこれは「自律と自制」を得る準備になるからです。

嫌な経験を自分の中で消化できるようになることは、

生きていく中でとても大事な強さですから。

 

しかし…

そういう「嫌な経験」を子ども自身でコントロールできるまでは、親のサポートが必要だと思います。

 

甘えを受け入れることは、子どもの心を豊かにさせることかもしれませんね。

 

 

より豊かな教育を…

山田でした

 

 

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

学習方法は技術

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

冬の学習会

最小3日間から選択できるよ!
最小3日間から選択できるよ!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!