子どもに伝えること 責任感その①

朝、起きるのはなぜ?

私たちはなぜ「朝起きる」のでしょう。

 

「学校へ行くから」

「会社へ行くから」

「朝ごはんの準備」

などなど…

 

総じて「やるべきことが”その先に”あるから」ですよね。

 

この「やるべきこと」を仕事とするのなら、

仕事を全うするのが「責任感」となります。

 

子どもにとって、

「学校へ行く」のは大事な仕事です。

 

なので時々サボりたくなります…。

えっ?そんなことないですか(笑)

 

まぁ、それは冗談として、

子どもにとって、

「学校へ行く」のは大事な仕事であり、

仕事を全うするために「朝起きる」のは、

子どもが責任を果たす重要な行為なのです。

 

しかし、「起こさないと遅刻するから」というヘルプ(自分でできるのに手伝ってしまうこと)を繰り返すと、子どもは「自分で起きなくても誰かが(母が)起こしてくれる」という状況を作ることになります。

 

これは、一見優しいように見えても、子どもは親に依存するようになり、その自立が妨げられてしまうのです。

 

子どもが問題にぶつかっているときこそ、子どもが本来持っている「できる力」を信じてください。

 

そして、子どもに、子ども自身の身をもって「責任」とは何かを伝えるのです。

 

朝起きれずに遅刻をしたら、それは誰の問題なのかを考えさせるのです。

テストで結果が悪ければ、それは何が問題だったかを考えさせるのです。

 

つまり「行動をするのは誰なのか」を考えさせるということです。

 

責任感は「自分の行動から生じた結果を受け入れること」から生まれます。

なので、良いことも嫌なことも体験しないと生まれないのです。

 

大人になるにつれて、責任は重くなります。

だから、小さい子どものうちに、まだ小さい「責任の重み」を感じる経験はとても大事です。

 

子どもが問題にぶつかるかもしれないと思うだけで、

親の「愛情」は「心配」に変わり、

さらに「先回りの行動」になってしまいます。

 

でもこれだと責任を感じないまま年齢を重ねてしまいます。

 

そういう子が、大人になると、

何か問題が発生したときに「自分は悪くない」と考え、

「悪いのは○○のせい」と責任転嫁をはかります。

 

こういう考えをしてしまうと、

「ではこの問題をどうやって解決しよう」

という発想もアイディアも生まれません。

 

つまり創造力のない人になってしまうのです。

 

これは…良くないです。

 

責任感は子どものうちから身に付けたい大事な心の強さです。

 

親の愛情が心配になるのは当たり前のことですが、

そういうときだからこそ

「これは誰の問題だろう?」と

問いかけてください。

 

それが「子どもの問題」なら、

その心配は、子どもに「責任を果たす」ことを教えるいいチャンスなのです。

 

子どもが責任を果たす人になるためには、

親である僕たちも「子どもの成長のサポート」に責任を果たさないといけませんよね…。

 

朝起きれずに遅刻をしても、ちょっと叱られて、あとから笑い話にでもなるでしょうが、

それが「子育て」となると…、どうでしょう?

 

 

より豊かな教育のために…

山田でした。

 

 

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

学習方法は技術

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

冬の学習会

最小3日間から選択できるよ!
最小3日間から選択できるよ!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!