子どもに伝えること 責任感その②

原因と結果

この世の中は、すべて原因と結果で動いています。

因果というものです。

 

この因果の「結果」を受け入れることが「責任」となるのです。

 

結果を受け入れる人は「責任感がある人」になり、

結果を受け入れない人は「責任感のない人」になります。

 

責任感のある人は「なぜそうなったのかの原因」を考えます。

責任感のない人は「なぜそうなったのかの原因」から目を背けます。

 

そして責任感は、幼少期〜小学生までの「習慣」で身につけることができるのです。

 

その習慣とは…「早起き」です。

いわゆる「早寝・早起き・朝ごはん」的なことを言っているのではありません。

 

「朝早く自力で起きること」

を自分に課したのであれば、

それを「実行すること」で責任感は身につくのです。

 

毎日の習慣化するまで、やり続けること。

それが責任感を生む土壌になります。

 

そしてここからが大事なのですが、

その行動の「結果」を受け入れるようになることが、

責任感を育てる人格となっていきます。

 

例えば…

朝起きるのが遅くなった

ごはんをほとんど食べすに学校へ行った

お腹減った

授業中お腹がグーっと鳴った

「恥ずかしい…」という結果

 

例えば…

朝起きるのが遅くなった

遅刻した

先生に叱られた

友達から笑われた

「かっこ悪くて、恥ずかしい…」という結果

 

例えば…

朝起きるのが遅くなった

友達との約束の時間に遅れた

見ようと思っていた映画が見れなかった

「残念で、申し訳なくて、恥ずかしい…」という結果

 

という「恥ずかしい結果」の原因を考えさせることも大事ですが、経験させることがもっと大事です。

 

人は経験から学びます。

 

成功の体験も

失敗の体験も

すべて体験です。

 

 

転ばぬ先のヘルプは、社会人になったらありません。

それは愛情ではなく甘やかしですからね。

 

責任は、行動の結果を受け入れること。

 

だからたくさんの経験をすることです。

恥ずかしい経験も

嬉しい経験も

同じくらい大事なことなんです。

 

そして…

「どうしてこうなったんだろう」と考えること。

その原因が自分にあることを知ったのなら、

その子は責任を果たせる人になるでしょう。

 

 

つまり…

「強い意志を持って、自分の求めることをやり遂げる人」です。

 

より豊かな教育のために…

山田でした。

 

 

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

学習方法は技術

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

冬の学習会

最小3日間から選択できるよ!
最小3日間から選択できるよ!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!