子どもに伝えること 責任感その④

子どもが困る姿を見るなんて…

 

と思う方もいるかもしれませんが、

ここはあえて「我慢するところ」です。

 

前回の例「図工の時間に絵の具セットに筆が入っていなかった」とき、

もし「いつもお母さんが準備していた」ら、

子どもは何を思うでしょうか?

 

そうです。

「お母さんが入れてくれなかったからだ」

と間違いなく思うでしょう。

 

筆が入っているかの確認を怠って、

恥ずかしい思いをした原因は「自分ではない」と思うでしょう。

 

むしろ「お母さんのせいで私が恥ずかしい思いをしたんだ!」と

被害者の立場に自分を置くのです。

 

「私は悪くないのに…」

です。

 

被害者として、都合の悪いことはすべて「人のせい」にするのは、確かにラクな生き方でしょう。

 

しかしこれは「自分の人生に責任がない生き方」を意味するものです。

 

こういう子は「自分の人生は自分次第で変えることができる」と考えず、

「誰かがきっとやってくれる」と人任せな人になってしまうのです。

 

自主的な生き方ではなく、他人に依存の生き方です。

これを「生き方」と言えればの話ですが…。

 

こういう子の多くは、無力感を感じることが多く、

うまくいかないことを他人のせいにするので、

とてもストレスが多い毎日を過ごすことになるかもしれません。

 

なんとも時間がもったいないことです。

 

子どもが困らないように親が手を出すことは、

子どもにとっての「大事な学びの機会」を奪うことになりかねません。

 

子どもが「被害者ぶる」だけでなく、

学ぶ機会を失うという「本当の被害者」にならないためには、

親にとっても勇気が必要ではないかと思います。

 

愛情は、助けることで示すものではなく、

子どもが「自分の力で生きられる」ようにサポートすることで伝えることではないでしょうか。

 

褒めるもの愛情なら、

叱るのも愛情です。

 

親は、子どもが責任を学ぶ体験を、子どもが「子どもであるうちに」大いにさせてあげましょう。

 

どんどん困ればいいのです。

 

そうすれば…

どんどん考えて、責任ある人になっていくと思います。

 

な〜に、大丈夫です。

子どものうちは、どんな傷も葛藤もすぐに癒すことができます。

 

大人になって無責任な人になるよりも、

子どもうちに大いに困る方が、

傷は浅いと思いませんか?

 

それに…

子どものうちの方がサポートもできます。

 

これが大学生や社会人になったときだとしたら…

ちょっとおそろしいですよね(汗)

 

打たれ弱い子ではなく

打たれ強い子のほうが将来的には伸びます。

 

 

困ること、我慢すること、恥ずかしいこと

これらは子どもにとっては「学びの機会」なのです。

 

 

より豊かな教育のために…

山田でした。

 

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

学習方法は技術

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

冬の学習会

最小3日間から選択できるよ!
最小3日間から選択できるよ!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!