証明=だれにでも伝わるように書く

中2生の数学。

証明の問題で困っている生徒がいました。

「いっつも何か足りないし、証明嫌いだ」

「こんなの、当然のことなのにどうして書かなければいけないんだ!」

 

いや〜全くその通りで、わかっていることをつらつらと書くことこそ

究極に「面倒くさい!!」ですよね。

証明は「丁寧さ」との勝負なんです。笑

 

さて、そんな生徒さん。

いつも通り証明の問題をするのもつまらないだろうと、

あるお願いをしました。

『小学生が困っているから文章題を一緒に解いてほしい。そして、その生徒が説明できるようにしてほしいんだ』

 

問題

A君、B君、C君の3人でアメを食べた。

食べた量は、A君の半分がB君、B君の半分がC君だった。

C君は3個だったとき、A君は何個食べたか


「わかりました。こんなの簡単ですよ!」と、意気揚々に始めた生徒。

 

数分後、

「どうして伝わらないんだろう〜。何が足りないんだろう〜」

 

今回困っていた小学生は、「半分」という意味がまだよくわかっていない生徒でした。

B君とC君ではC君の方が多いと思い込んでいる生徒さんです。

しかし、中学生は「半分」ということは知っているだろうと、こちらも思い込み。

 

人によって、知っている言葉や知識はちがうということを感じてほしかったんです。

「知っているだろう」

「当然じゃん」

と思っているのは自分だけで、もしかしたらその知識や言葉は通じないことがあるかもしれません。

 

そんなとき、「どこから説明すれば伝わるのか」を考えることによって、丁寧さが生まれます。

 

証明とは「誰が読んでも必ず答えにたどり着ける」ということなんです。

中学生の生徒さんは、しっかりとこちらの意図を汲み取ってくれました。

「なるほど、ちゃんとやさしくわかりやすく、全部伝えればいいんですね」

 

その後は、相手の立場に立って、スラスラと教えていました。

小学生の子もうなずく頻度が増え、なんとか「半分」の意味を理解しました。よかったね!ありがとう

 

実際の証明問題でも、「足りていなかった説明」に注目できるようになってきました。

解説と自分の解答との違いに注目して、「この説明が必要なのか。なるほど」と向き合えるようになりました。

 

できていない、足りていない、

これは見えていないのではなくて、

頭の中を書き出す練習ができていなかっただけなのです。

読む相手が見えていなかっただけなんです。

 

きっともう大丈夫ですね!

夏の特別学習会で前半の学習を強化しようよ
夏の特別学習会で前半の学習を強化しようよ

2日間の無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓


詳しくはこちらをタップ

テストの後に…

次につなげるには…テスト直後が大事
次につなげるには…テスト直後が大事

あなたもこうなれる

合格は「心を決めて」つかむもの
合格は「心を決めて」つかむもの

タミヤロボットスクール

タミヤロボットスクールしようよ!
タミヤロボットスクールしようよ!


はじめての方へ

勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります
勉強しようと決心したあなたへエールを贈ります

小中生の学習

成績向上は気合でも根性でもない、技術です
成績向上は気合でも根性でもない、技術です

3つの学習タイプ

あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる
あなたが抱えている問題は、この方法で解決できる


レビュー塾生の声

塾生が楽しく成長していったリアル体験話
塾生が楽しく成長していったリアル体験話

受験情報

帯広の公立高校の受験情報と受験対策
帯広の公立高校の受験情報と受験対策

講師のブログ

講師の思いと教室の様子がここに!
講師の思いと教室の様子がここに!


月間予定表

開校予定を知り、学習計画を立てる
開校予定を知り、学習計画を立てる

月謝料金表

授業料はとても細かく個別に決められます
授業料はとても細かく個別に決められます

1day 工作教室

1日だけの工作教室やってます!
1日だけの工作教室やってます!


Facebookでつながろう!
Facebookでつながろう!
友だち追加

校舎案内

帯広南の森校 0155-47-8399

帯広中央校  0155-67-7130

福井景岳校  0776-43-0204

 

HPからのお問合せはこちらから


学習は自分で作り、自力でする!