合格体験記〜2018年・春に掴んだ合格!

本気で立ち向かうことができた

私がみかんせいに来てよかったと思うことは、

自分の目指したい事に、本気で立ち向かえることができたことだと思います。

 

みかんせいに来るまで、勉強なんてやってこなかった自分を、

親身になってサポートしてくださり、そのおかげで勉強も楽しいと思えるようになりました。

 

だからその恩返しとして、一般入試で目指していた高校に行きたかったです。

だけど最終的には推薦という形で、今まで目指してこなかった学校の試験を受けることにものすごく抵抗がありました。

でも、今考えると、自分の将来的にはその道が有利で、何よりみかんせいでやってきた事で無駄なことなどありませんでした。

 

進路決定では何回も号泣したし、悔しい思いもしたから、

高校ではもっと勉強して、

「お前には難しいやろ。無理やろ。」

って思ってる人たちをギャフンと言わせるぐらい努力して、行きたい大学行きます!

今1番なりたい職業に就きます!(そして中村先生を抜かします)

 

今までありがとうございました。 


本当に、だれよりも努力を重ねてきたと思います。

推薦を受けることになったというのはすごく悔しかったけれど、

あなたの言う通り、努力して来たものはちゃんと体と心に刻まれています。

夢に向かう第一歩!胸を張って精一杯楽しんでください。

 

そしていつの日か、今1番なりたい職業について、

すっごいキラキラと輝いている姿を見れる日をとても楽しみにしています。

そして、「負けた〜〜」と言わせてくださいね。

 

本当にありがとうございました!

これからも応援させてください^^


ここは第2の学び舎

僕は小学生のときは宿題をしっかり出し、頭が良くもなく悪くもない生徒でした。

 

しかし中学生になり新しく部活動というものが増え、勉強との両立が少しずつ難しくなりました。

そして点数がだんだん落ちていきました。

 

中学2年生になると、後輩もでき部活に遅れるといけないという責任感がわくので、

宿題をしなければいけないと思い塾に通おうと思いました。

 

はじめは嫌々はじめた塾でしたが、

塾に通いわからない問題をわかるようになるまで解くことをくり返しているうちにテストの成績が良くなり、

30人抜かせることができました。

これはこのみかんせいに入っていなかったらできることではなかったなと今になって思います。

 

そしてテストの成績が上がっていくにつれ、勉強することの楽しさを覚えるようになりました。

中間や期末テストの時は、生徒にわからないところがないか聞き、

ホワイトボードを使って授業をしてくださったおかげで、

テストでその問題が出ても、頭の中にしっかり入っていたので解くことができました。

 

僕にとってみかんせいは第2の学び舎でした。

このみかんせいで学んだことを十分に発揮し、高校生活を悔いの残らないように楽しみたいと思います。

 

今までお世話になりました<(- -)>

ありがとうございました!!


本当に、浮き沈みの激しい生徒さんで...調子に乗らせるのが大変でした(なんてね)

 

30人抜いたのは、他のだれでもないあなたの力です!

ちゃんと頑張れる力を持っているということです。

 

理解しようと最後まで粘れることができるようになった今、

きっととても充実した高校生活を送れるのではないかなと思います。

 

こちらこそありがとうございました! 

高校でしっかり学んで、パソコンが使えるようになったら、オリジナルHP作ってね^^


努力が認められた!自分なりのやり方で合格を掴んだ!

僕は中学2年生の二学期から、このみかんせいに入りました。

 

当時の僕は、家で学習するという習慣がしっかり身についていなくて、

宿題も出せないものが徐々にたまっていたり、授業中寝るような、いい加減な生徒でした。

なので、3兄弟の中で一番成績が悪く、点数も低かったので、劣等感がありました。

そのくせ部活は大好きで、吹奏楽も大好きで、なので吹部が強い武生商業高校を志望していました。

が、点数は足りておらず、どうすればいいかわからない状況でした。

 

「塾に入れば嫌でも点数上がる」と思っていたので、

みかんせいに入って半年くらいは行くのがダルかったけど、仕方なく通うという感じでした。

塾でも学校でも寝ていました。中村先生に注意されることが多かったです。

 

3年生になって「受験の年だぞ」といろんな先生が口をそろえて言い出した頃、

僕はようやく「今の状況じゃ武商に入れないから、この1年はちゃんとしよう」と思いました。

そこからは学校でも塾でも、眠かったけど寝るのだけはしないように、長い期間「睡魔」と戦う日々が続きました。

その結果、ある日から急に、勉強していても眠くなくなることができました。

他にも、合格のためなら勉強も、塾に行くのも苦じゃなくなりました。

大きい成長だったと思います。

 

考えが「勉強ダルい」から「少しでも点数をあげれるようにしよう」に変わったのは本当に自分でもびっくりです。

 

後期からは休み時間も積極的に勉強していました。

僕のクラスは最後まで受験という雰囲気になっていなかったので、

友達より自分は頑張れてる!と思えるようになり、いつのまにか劣等感が消えていました

 

肝心の成績も、三年生の後期から劇的に伸び、

憧れの武商にも余裕で届き、三兄弟の中で一番点数が高くなりました。

 

本当に嬉しかったけど、何より嬉しかったのが、塾に入った時と3年の後期とでは、

中村先生と担任(3年生の)の先生の僕に対しての態度?というか扱いが優しく、応援してくれているような感じになったことです。

僕の勝手な思い込みからもしれないけど、「努力が認められた!」と思いました。

あと、本当にその先生二人には感謝してもしきれません。

特に、中村先生のサポートと「みかんせい」がなければ、僕はまだ点数が伸び悩んでいたと思います。

本当に先生のおかげです。ありがとうございました。

 

みかんせいでは別のことも学びました。

それは「時間厳守」ということの大切さです。

それは分かっていたつもりでした。

 

が、塾で行われた模試に1分遅刻して、

「試験を受けさせない」と家に追い返された時、

時間にルーズだった僕が「時間の大切さ」をかみしめることができました。遅刻ダメ。絶対。

 

みかんせいの良い所は「個人のやり方でじっくり学習に取り組める」ところだと思います。

もちろん勉強法のアドバイスはしてくださいましたが、

具体的に何をするかまでは、僕は毎日自分で決めていました。

 

先生に決めてもらう人もいたけれど、

僕は「自分のやり方をじっくり考えて、自分なりのやり方で合格を掴みたい」と思っていて、

その考えを先生は尊重してくれました。

 

なので、合格した今「今までのやり方は間違ってなかったんだ」と思えています。

自分でやり方を真剣に決めていた分、中3生の中で一番日記(来た時の)を書く時間がかかってしまっていたと思います。

 

とにかくみかんせいに通えて本当に本当によかったです。

通わせてくれた両親にも、応援してくれていた中村先生、学校の先生に本当に感謝しています。

感謝しきれないくらいです。

 

せっかっく合格したので、何から何まで、すみずみまで高校生活を謳歌したいです。

本当にありがとうございました。


もうびっくりするぐらいの成長を遂げました。

最初は、何度叱ったのかわからないくらいの日々だったね。

 

それがいつしかみんなの手本になって、

「君の姿勢を見習え!」

と、みんなに告げるようになるとは...

 

100点以上を軽々と伸ばした結果、掴んだ合格。

気持ちというのがいかに大事なのかを改めて感じました。

 

こちらこそ本当にありがとうございました。

自分の信じた道を一生懸命に掴んでください!