人ならではの力

先日(7月14日)に、

将棋のタイトル戦の一つ「王位戦」が札幌で行われました。

あの藤井七段と木村王位との対戦です。

 

その中継を見た方もいらっしゃるかもしれませんが、

画面の上の方に「AIが予想する勝率」が出ていました。

これまでにないちょっと不思議な画面だったので、

ちょっと面白かったです。

終盤ギリギリまで優勢だった木村王位が、

ある一手を打った瞬間に、

いきなり劣勢になったとAIは判断したんですね。

木村王位有利の横バーが一気に短くなり、

 

見た目でもこれは不利になったとわかりました。

なかなか趣向の凝らした中継だったように思います。

 

そしてですが、

その「AIの予想」通り、木村王位が負けてしまったんです。

こちらもまたなかなかな衝撃でした。

おー、AIの予想当たってしまったよと。

 

しまった…

という言い方は、

もしかしたらもう不適切かもしれないんですけどね。

 

すでにプロ棋士に勝利する電脳棋士(PC将棋ソフトウェアのこと)がいるわけですし、

藤井七段含め多くのプロ棋士がAI棋士との対戦で練習していますから、

AIにとって「この一手からの展開」を予想するのは決して難しいことではないのでしょう。

 

そんな「AIやロボットが活躍する」時代の中で、

我々人間はどのようにこの社会で生きていけばよいのだろう?

ということは、最近よ〜く言われて(不安視されて?)いますよね。

 

 

 

 

10月からスタート予定の新コース

「みかんせいVIPコース feat.ENAGEED」